塾生プロファイル

覚醒の社畜トレーダー六爺

覚醒の社畜トレーダー六爺

塾生プロファイル十一人目はこの男、六爺ブログはこちら

プロフィールにはこのようにある。

bF-FX2017年11月~原資2万円で開始。コツコツとゲーム感覚でスキャってる雰囲気トレーダー。日経、ダウ、ゴールドも少々。佐野史郎さんが大好き。競馬も好き。2019年11月 金融参謀塾 に入塾。トレード以外もやるよ!ブログも作ってみたよ。

この男、2018年2月より秒スキャ勢として、下剋上戦士と共にしのぎを削ってきた仲間である。

ゲコセンと同じく、相当深く考え、当塾への入塾を決断してくれた。

その実績や取り組み姿勢より、入塾後半年を経たずして支店長を任せるに至っている。

真剣な手記、ご覧いただこう。

六爺手記

■プロフィール
所属:本部
名前:六爺 (ブログhttp://rokuwork.com)
年齢:30代
職業:理系社畜研究員
特技:秒スキャ、何かしらのコツを掴むこと、水泳
趣味:旅行、お酒、トレード、競馬、懐メロを聴くこと

■当初の入塾理由
・トレードで稼いではいたが、ただ作業してるだけな感じで目標も無く、やる気も無い生活を変えたかった。
・小銭は稼げても自分が成長しているわけではないし、いつまで続くかわからないものに不安を感じていた。
・普段の生活に刺激が足りない、つまらないと感じていた。
・会社内では上手くやっているが、特に達成感は無く、メンタル的にしんどいだけの現状を打破したかった。
・仮にトレードを辞めたとしても、会社に依存しその給料だけで生きていける世の中にはならない(副業等が当たり前の時代になる)と思い、今の収入以外で柱となるものを作りたかった。
・10年後や定年、老後のことまで考えた時に、いつか行動するならチャンスは今だと思っていた。(金銭的、年齢的、生活的にも、今せっかくの出会いと変えられるチャンスがあるのに逃したらダメだと思った)

■入塾に至るまで
2017年11月からビットコインのFX(bitFlyer)を開始し、毎日コツコツ増やしては出金を繰り返して稼いでいた為、少しだけお金は持っていました。丁度その頃からTwitterを始めたことで界隈の方達とも仲良くしていただき、トレードのこともそれ以外のことも色々と知ることができました。

それからはトレードをずっと続けていてボチボチ稼いではいましたが、ただの作業ゲーで特に身につくスキルも無く、いつまで続くかわからない小銭稼ぎ(勿論減らすこともある)をしているだけで、将来に対して徐々に不安を感じていました。生意気と思われるかもしれませんが、普段の生活に刺激が足りないとも思っていました。

自分と似たような損益グラフの金融参謀氏は知っていて、実は2018年の春に一度お会いしてました。それからは全く連絡を取ってはいませんでしたが、金融参謀塾というものは知っていました。(意味不明なツイートばかりだなと思ってました)

2019年の秋頃にDMでやりとりする機会があり、その中で令和裕成塾のことも聞きました。ツイートは意味不明な割にDMは真面目でしっかりしてました。他の塾生がどこまで質問をしたかはわかりませんが、自分は入塾までに「かなり」色々と聞いたと思います。

元々はあまり人を信用しない(あるところでしっかり線引きする)性格で、やはり納得して本気になってからではないと入塾はできないと思っていました。その中で金融参謀氏本人の考え方も細かく聞きました。

自分一人では到底考えつかないであろうことや、まだ入塾していない自分の将来についての意見も聞くことができましたし、何より自分の成長や目標達成に向けて本気でサポートしてくれる環境が用意されているというのは魅力的に感じ、入塾を決意しました。

■入塾後の変化・塾の良いところ
塾生は皆さん同様に高い目標と強い意志を持っており、普段の社畜生活ではまず無い環境に身を置けることで、今までのダラダラとした生活はなんだったのか、むしろもう忘れているくらいに高い水準で居るのが当たり前となりました。

会社内の人が悪いとは言いませんが、普段の生活では関わることのないレベルの人と付き合うことで、人生をより裕にできるのではないかと思います。勿論これはTwitterを始めて色々な人と出会ってからも感じましたが、塾は信頼関係を重視しリアルで繋がっているからこそ、更に実感しました。

小銭を持っているただの社畜で終わるか、今という時間を使って将来の為に行動するか、常日頃から自分に問い質し、その度に意識の向上とまずは行動することに努めるようになりました

収入面では本業とbitFlyerでのトレードのみでしたが、今ではアフィや他のトレード、塾のコンテンツでも収入となっています。やはり考えているだけではダメでとにかく行動すること、もっと言えば自らの殻を破る行動をすることで成長し、目標達成に近づけるのだと実感しています。

そしてとにかくやらなければならないという気持ちになるのも塾の特徴(週報、PDCAコンサルティング、面談、電話、謎の圧力の意味)だと思っています。

最初のDMでも入塾後もそうですが、やはり本気でやろうとする人に対しては塾長も塾生も自分も本気で対応しています。これは当然のことではありますが、特に入塾後はリアルの繋がりでやっているからこそだと思います。

日常生活でもない、会社内でもない、自分のことを本気で見てくれる第三者の存在は大きいのではないかと思います。そしてだ入塾から数ヶ月ですが、自分は支店長を任されています。普段の言動からは考えられないと思われるかもしれませんが、支店塾生にはやはり本気で接していますし、成長や目標達成の為にも使命感と責任感を持ってやっています。塾生の成長によって自分も成長していると感じることも多いです。

■現在の目標
本業とトレードで収入的には安定しています。しかし塾内ではまだまだだです。社畜は拘束時間が長く、トレードだけでは利益の最大化を考えた時に分が悪い。そして冒頭でも述べた通り、いつまでも続けられるものではないと思っています。むしろトレードしたくて入塾をしたわけではありません。なので他に収益化できるものを更に作っていき、安定収入の柱を増やして法人化します。塾内で法人化していない人は少数です。

また、支店長になったからには、やる気のある支店塾生の少しでも早い成長を全力でサポートしていきます。その為にはまずマインドセット。入塾時は大半の人がネガティブだったり養分思考だったり自分を低く見過ぎています。入塾した時点でそれなりに強い意志を持っているとは思いますが、既存の塾生と比べたら当然まだまだだと感じます。まずはそこを変えていき、とにかく自ら行動していただき、活躍の場を広げていってもらえるようにしたいです。

金融参謀コメント

いかがだっただろうか。

六爺の入塾への覚悟、そして現在任せている支店長業への覚悟が感じ取れる内容であったのでは無いだろうか。

わしは彼のポテンシャルの高さについては、入塾前から認識していた。

一方、本人が記している様に、入塾前と入塾後、大きく変わったのはマインドだと思う。

いくらポテンシャルが高い人間も、自ら限界を定めたり、セルフエフィカシーが低い場合は、その能力を最大限に引き出す事ができない。

入塾する際は、本人が記す通り、相当悩んだと思う。しかし、自分の置かれた現状を俯瞰し、自らの行動でもってチャンスを掴みとり、今に至っている。

そもそも人間の能力に大差は無いとわしは考えている。

大切なのは、成長する、成功する、という覚悟。そしてその為の行動を継続していく執念。努力。それさえあれば、当塾で必ず成功できると言っても過言では無いかもしれない。

わしは今後も、当塾を必要としてくれる人の為に当塾に更に磨きをかけていく事をライフワークとしていく。

人生を変える一歩は、わしへのDMかもしれない。そなたの真摯な思いに対してお役に立てるのであれば、わしは六爺の言う通り、本気で対応する。

ほなまた。

金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか