塾生プロファイル

田舎社畜の星・金融参謀塾のエース M-ZON

田舎社畜の星・金融参謀塾のエース M-ZON

塾生プロファイル十一人目はこの男、M-ZON

プロフィールにはこのようにある。

サラリーマン事業家。 2019年4月に念願の法人設立。 LINE@始めました。→line.me/R/ti/p/%40mzb6 活動、略歴はリンク先の漫画をご参照ください!

金融参謀塾漫画シリーズベストセラーM-ZON編はこちら

サラリーマン事業家?? サラリーマンが事業家??? 法人設立????
謎が深まるばかりのプロフィールである。

M-ZONを入塾以降ずっと指導してきた為、彼の取り組んできた軌跡は全て把握している。
上記の漫画についても、シナリオを考えたのはわしだが、全て実話に基づいたシナリオである。

この漫画を発刊したのは、昨年6月。それ以降もメキメキと成長を遂げるM-ZONの手記、とくとご覧あれ。

M-ZON手記

■プロフィール
所属:本部
名前:M-ZON
年齢:30代
職業:社畜
特技:ダジャレ、大喜利
趣味:ビジネス創出、筋トレ、脱社畜

■当初の入塾理由
仮想通貨の現物取引で1,000万程度を稼ぐも、2018年の下落で翻弄され利益の半分程度を溶かす。

その後再起をかけ仮想通貨FXに着手するが相場に翻弄され金は減る一方であった。
そんな中、金融参謀師匠の右肩上がりの損益グラフを見つけるました。

トレード指導目的でDMをしましたが、金融参謀師匠が標榜する”人間的成長”は、自らが求めるものである事に気付き、ビジネスマンとして、人間として成長するにはこの人しかいないと考え師事を決意しました。

特に、日頃リーマンとして抱えるストレスの原因は「依存」であると考えており、この場所で自らを成長させ、自ら稼ぐ力を獲得し、あらゆるモノへの依存を下げる事ができれば、ストレスの少ない自由な人生を歩む事ができるのでは無いかと考えました。

大雨の中、引き止める妻を振り切り夜行バスで金融参謀師匠が指定する場所へ向かい、入塾を志願。2018年6月、晴れて令和裕成塾塾生となりました。

■入塾後の変化・塾の良いところ
まず、自分は塾内での損益実績としては、最低ラインにいました。トレードでの爆益に夢を見、この利益で金融参謀師匠の海外オフに参加しようというスケベ心が災いし、入塾当初はトレードでマイナスとなり、塾内で最低のパフォーマンスとなりました。

このタイミングで、現在の勤め先の上司と折り合いがつかず、半ば鬱状態になり、転職まで考えていました。

金融参謀師匠には当初の約束通りトレードだけでなく、自分の社畜業務にまで助言をいただき、当初は1時間毎にラインで相談するなど、この人はなぜこんなにレスポンスが早いのだろうと不思議に思っていました。

本当に鬱だと思っていたのですが、実際に医療機関に行きましたところ、鬱では無いと診断されてホッとした事を覚えています。

自分はとにかく、当初の入塾の目的通り、人間的成長、ビジネスマンとしての成長を目指し、金融参謀師匠をモデリングする事に徹しました。

今までろくに海外にも行ったことが無かったが、香港オフへ参加。全く日常と異なる異国の地で、複数日べったりと金融参謀師匠や他の塾生と過ごした事で、今まで田舎という空間で押さえ込まれていた自身の事業家マインドにスイッチが入りました。

金融参謀師匠が提唱する「サラリーマン事業家」という発想。要は、自分の人生のオーナーは自分自身であり、その事業の一つにサラリーマンという事業があるという考え方です。

この思考法を手に入れてから、職場でも以前の様に萎縮する事無く、上司であっても、マインド的には対等であるというマインドに基づき接する事で、以前の様なパワハラに似た対応は跳ね除ける事ができる様になりました。

そんな人間としての成長と比例するかの如く、トレードの成果も日に日に向上し、月次でも一定の利益を出せるまでに成長する事ができました。

一方、塾内には、トレードの利益以外でも、事業をする事で自分では想像もつかない利益をあげている人がいたり、学生にも関わらず事業を立ち上げ圧倒的な利益を上げている人がいる事から、自分もいずれはトレードを脱却し、その他の事業でもしっかりと利益を確保できる事業家に成長する事が自らが目指す成功であると考える様になりました。

自分の強みは、とにかく行動する事にあります。挑戦すれば失敗も多いですが、早く失敗を経験する事でその後の成功確率を高める事が可能となります。塾内でも挑戦の数と失敗の数は誰にも負けないという自信があります。

2018年後半頃からは塾内で自らが率先してアフィリエイト事業にも着手し、それを一定の事業にまで成長させる事に成功しました。
そして、2019年2月の金融参謀師匠とのBKKオフで、自身がこの令和裕成塾で学んだメソッドをより多くの人に広めていきたいという想いを金融参謀師匠に打ち明けた結果、現在開設が進む、令和裕成塾支店制度が発足するに至ったのです。

一定の事業基盤ができたので、2019年3月頃に金融参謀師匠のサポートも受け、法人の開設にも着手しました。この決断は正しかったと言えます。理由は、法人を開設する事で、事業家として成功するという約束を自分自身とする事で、退路を断ち、覚悟を決める事ができたからです。

当初、金融参謀師匠もなんぼのものかとお考えであった支店構想ですが、当初M-ZON戦略室として立ち上げたものが、2019年6月には支店へ昇格し、現在は10名という定員を充足し、他の塾生の支店長就任のきっかけを作る事ができました。既に、合計で7支店まで組織が拡大しています。

入塾当初は、自分の事だけでいっぱいいっぱいでしたが、次第に、自分と同じ境遇の人の役に立ちたいという熱意が強まり、支店長を襲名するに至りました。人に指導をするという事について当初は不安もありましたが、結果的にそれが自らの規律維持や成長に大きく繋がっています。人に影響を与える立場の人間は、模範となる行動が求められますから、良い意味で自分へのプレッシャーといなっています。

自ら志願して襲名した支店長ですが、ここ最近塾生の成長が著しく、金融参謀師匠は、自分の成長をこの様な気持ちで見守っていたんだなと今になって感じる事ができます。また、支店だけでなく自らのサロンもオープンする事ができました。
思えば、この2年間、金融参謀師匠へ弟子入りして、守破離という段階を全て経験する事で当初の目標は達成できたのでは無いかと考えています。

■令和裕成塾の特徴
金融参謀師匠が自ら成果を出し、成長を遂げる過程で獲得してきたノウハウが令和裕成塾バイブルとして体系化されており、まずその根底のマインドセットを徹底的に自身にビルトインする事ができる。人生全体を通じて全てで応用が効く、基礎的な力を身につける事ができます。

目標設定をするのは塾生であり、何をするのも自由ではあるが、決して放ったらかしではなく、支店長がコーチ役として継続的に並走をしていく。目標達成の為の実行支援が継続的に実施される。コーチは金融参謀師匠が認めた者のみが担当する形を取っており、しっかりと金融参謀師匠の魂が込められたコーチングが実施されます。

塾内に流通するビジネス情報や、投資情報は、金融参謀塾のボードメンバーの目で厳選された物を取り扱っており、副業を選択するに辺り、質の高い意思決定を行う事ができます。

塾構成員は、本部・支店・カレッジと、全員、金融参謀師匠の面接をクリアした一定の基準を満たす人間のみで構成されており、結果として質の高いコミュニティが構築されている。また支店は上限人数を設けている事も、単なるオンラインサロンではなく、顔の見えるリアルコミュニティとして運営されており、そこで流通する情報の質や量も質が高いです。

■現在の目標
先ほど述べたように、自分はこの2年間、守破離というプロセスを通じて人間的にも、ビジネスマンとしても大きく成長する事ができました。

しかし、自分は決して今の状態に満足していません。まだまだメンタルコントロールも弱いですし、ビジネスマンとしても道半ばです。

令和裕成塾は、前構成員が持続的に成長していく事をコンセプトにしています。決して塾の活動に縛られる事無く、あくまでもまずは塾生一人一人が主役。塾生一人一人が自分のゴールと塾のゴールのベクトルを合わせて活動しています。

今後は、今まで以上にビジネスマンとして大きな成功を目指したいと考えています。またそれと並行して人間的な成長も遂げていきたい。子供も一人生まれました。塾の理念の通り、この活動を通じて、自らそして家族の物心両面の幸福を追求していきたい。

筆頭支店長として、令和裕成塾を引っ張っていく事も、自分に課せられた使命だと考えています。そして、その活動を通じて、過去の自分と同じ様な人の役に立ち、自分の様に人生を変革できる人を量産していきたい。この様に今、考えています。

金融参謀コメント

いかがだっただろうか。

M-ZONの漫画が塾内ベストセラーとご説明したが、なぜそうなのか分かる気がする。

国内の大半の方は企業に属するサラリーマンなのでは無いだろうか。

そして、トレードに関心を持つサラリーマンの動機は、きっと現状への閉塞感を打破したいという事なのでは無いか。

すなわち、今のままでは50歳ぐらいまでの先が見えてしまう。頑張っても結果は同じ。そうは思うが家族がいるから会社を辞める事はできない。結果として何の行動もできず閉塞感を抱えて日々暗く生きているのが日本のサラリーマンの大半では無いだろうか。

一方、そういった現状は変える事ができるという事を、M-ZONの入塾後の変化は裏付けている。だから、その実話に基づくストーリーとしてのM-ZON漫画が未だなお売れ続けているのであるとわしは考える。

これだけ多くの塾生の成長や成功を支援してきた経験や実績から申し上げるならば、当塾に入塾した時点で、あなたの成功確率はグンと高まっていると言えよう。当然その後の努力や運といって要素は必要だが、我々はその目標達成に対してあくまでも真摯に向き合い並走をしていく集団である。

第二のM-ZON、第三のM-ZON、こういったエース級の人材が、今後当塾グループの活動を通じて多く生まれていく事がわしの願いであるし、そんなあなたの成長に出会える事を願いながら、わしは唄う。愛すべき者全てに。

金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか