塾生プロファイル

塾生プロファイル〜罪深き社畜のカリスマ”ドエスキリストガノフ”〜

塾生プロファイルの取り組み開始

おおきに。

令和裕成塾にはどんな方が在籍しているんですかという問い合わせが急増してきているので、我々からの情報開示として、”塾生プロファイル”のコーナーを用意した。

あくまでも、当塾の塾生に生の声として書いてもらったものをそのままでご提供して行くことで、当塾に関心をお持ちいただいているあなたのお役に立てればという気持ちで始めた取り組みである。

是非、楽しんでいただければ幸いである。

罪深き社畜のカリスマ”ドエスキリストガノフ”

一人目はこの男、ドエスキリストガノフ、である。

名前からして頭がおかしいのではないかとお思いの方も多数いらっしゃるかと思うし私もそのように思う。とはいえ命名したのは私である事は本人の名誉の為に補足しておこうと思う。そう、頭がおかしいのは、わしである。

彼は、大手企業で優秀に出世街道を歩む、世間で言えば所謂エリートサラリーマンである。

そんな、世間的に優秀と言われそうな人物がなぜ当塾の門を叩き、どの様に変化をとげ、現在どういったベクトルで日々過ごしているのか、その点に注目いただければ幸いである。

ドエスキリストガノフ手記

■プロフィール
所属:本部
名前:ドエスキリストガノフ(ブログはこちらから
年齢:30代半ば
職業:会社員
特技:柔道
趣味:ロードバイク

■入塾理由

・サラリーマンとしてそれなりに評価されているものの、収入はほとんど増えない一方で、求められる水準だけはどんどん高くなっていく状況に強い閉塞感を覚え、その状況を変えたいとの思いで入塾しました。

・塾長の指導でBTCFXに取り組み、4ヶ月程度で約3百万円を稼いだことが自分にとって大きな転換点になりました。金額どうこうではなく、やったらやっただけ、プラスもマイナスも全て自分に返ってくるという経験が、閉塞感に苛まれていた自分のサラリーマン生活とは対照的で、リスクを取って新しいことにチャレンジしていこうという意欲に火が付きました。

■入塾後の変化

・本業以外に収入を得られるようになったことはもちろん大きいのですが、それ以上に、自分自身の人生に対する向き合い方が変わってきました(まだまだ途上ですが)。

・そのきっかけは、令和裕成塾メソッドと呼ばれるマインドセット教育による部分が大きかったと思います。長いサラリーマン生活を通じて常識と自分が思い込んでいた事が、事業家としては非常識であるという事に気付かされたり、あるいは自分で自分の限界を決めてしまっていたところ、圧倒的に現状の外側にゴール設定をするというプロセスを経る事で結果的に目標達成にショートカットできるなど、こんな事は会社内では誰も教えてくれない事であると思います。その延長線上として私は塾長に法人設立までサポートをいただき、それを実現できた事は、自ら退路を断つという点で自分へのプレッシャーとなり、自己成長を促す事に繋がっていると感じています。

・また、令和裕成塾は単なるオンラインサロンではなく、本部であれば塾長がコーチの様な役割を担い、自身の目標設定に対して、独自のメソッドで並走をしてくれます。適切なタームで第三者の脳を借りてPDCAを回していけるというのは、目標達成に向けた科学的アプローチであると思いますし、これが多くの塾生を成功に導いている裏付けでは無いでしょうか。

・サラリーマン活動しかしていなかった頃は、文字通り自分の人生(生活)を会社に委ねてしまっていました。そして、会社や上司・同僚からの評価を気にして、やりたくない仕事を無理にやったり、行きたくもない飲み会に空気を読んで行ったりと、文字通り従順な社畜として生きていました。

・今でも、もちろん社畜として生活している部分は大きいですが、以前に比べると意識的に仕事を選ぶようになりました。また、自分で意味がないと思うような飲み会はきっぱり断って行かないようになりました。そして、家族との時間を大切にしながら、自分の行動を見直して時間を捻出し、複業体制を構築できるように日々前向きに精進しています。

・塾のメンバーは非常に意識、能力の高い方が多い(入口のハードルを設けているからかもしれません)ので、その方々からの刺激や有益な情報も自分の人生を変えていくための大きな起爆剤になると感じています。

■今後の目標

・複業体制を構築して、サラリーマンとしての収入をまずは突破します(一時的ではなく安定的に)。

・その上で、経済的自由を手に入れて家族との時間をもっと持てるライフスタイルに変えていきます。具体的には、まだ未就学の子どもにお金も時間も惜しみなく使っていきます。

・また、病気がちな両親との時間も大切にします。時間的な余裕を持つことで、できるだけ頻繁に孫の顔を見せられるようにします。

・最終的には、複業を通して身につけたスキルを社会に還元していくことを最終的な目標としています。

金融参謀コメント

いかがだっただろうか。

一体どこが罪深いのだろうかと感じた人は多いだろうがそんな事はどうでもいい。全てはノリなのだ。

伸びない給料、高まるプレッシャー、こういった環境下で疲弊し、自分自身の明るい未来を描けない閉塞感を抱えたサラリーマンは山ほどいる様に思う。

ドエスキリストガノフもまさにそういった社畜軍団の一人である。

たまたま、自分自身の力で稼ぐというきっかけがトレードだったわけだが、現在はトレードに留まらず幅広事業に触手を伸ばしている。

そして、その掲げる目標は、小遣い稼ぎというレベルではなく、本業の収入を超える事を目標としており、目標達成に向けてはまだまだ一合目といった感じである。

彼を指導する中で特に重要だったポイントは何点かあって一つ目は

■自分で稼ぐという成功体験

まず、何か一つでもいいので成功体験が無いと、成長や成功に向けたエンジンが周りだない。俗にいうベイビーステップという事だが、彼の場合はそれがトレードであったという事である。これによって、自分は稼げるんだという自信と確信を手に入れたと思う。

そして二つ目は

■正しいマインドセット教育

サラリーマンを長くやっていると、その長きにわたる生活の中で、会社を儲けさせる為の教育を刷り込まれ、本当に自分がやりたい事というものを忘れてしまったり、見失ったりしてしまう。私はそこを独自のメソッドで脱洗脳という形で思考の矯正を彼に対して行った。

この様なプロセスを経て、大きく成長を遂げてきたわけだが、今後の課題は更なる行動量の増加と行動速度の向上。

家族もあり、制約条件も多いだろうが、目指す目標が高ければ高いほど、代償は大きくなるというのが原理原則。その目標が家族の幸せに繋がるという点をぶらさず、今後目標を見失う事無く、今まで以上の発展・向上を期待したい。

さあて、どうだっただろうか。
より、令和裕成塾を立体的に理解いただく為の新しい取り組みであるが、当塾のいファンの皆様のご参考になれば幸いである。

金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

 

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか