令和裕成塾

副業や起業を試みる上での心構えについて

金融参謀塾とは

 

副業や起業を試みる上での心構え

おおきに わしやで。

さて、今回は、タイトルの通り副業や起業を試みる上での心構えについて書きたいと思う。

そもそも副業という事なので、そういった人は本業としてどこかの会社に属しているという事かと思う。

あるいは、起業を志ながらサラリーマンをやっている人もいると思う。

そういった人々に、伝えたいと思うことは、「自分の会社の看板を使ってそこそこの結果を残せへんようでは、副業・起業なんてままならへんで」という事。

所属している企業は、一部上場企業であったり、中小企業であったり様々なのかも知れんが、少なくとも、よほどベンチャー企業でない限りは一定のリソースが与えられた上で業務に取り組むわけや。

特によく勘違いしがちなのがビッグネームの上場企業社員。物が売れてるのは本当にお前が創出しとる価値に基づくものなんか?それを正確に理解していないといずれエライ目にあうで。

裏を返せば、会社の信用力やリソースを使ってある程度の、圧倒的と言われる結果を残す事ができなんだら、起業はおろか、副業でも結果出す事は難しいと思うんよな。

もちろん、これは本業とされる職種によっても変動すると思うし、リーマン事業が調子悪いやつは起業・副業は成功しないと言うものでもないのだが、考え方として、もし将来起業を目指していたり、副業での成功を考えているのであれば、リーマン事業においては赤子の手をひねるがごとく成果を上げることができて当たり前と言うメンタリティを持つべきだと言う事を言いたい。

ではどういう心構えでリーマン事業に取り組むべきなのか

リーマン事業という言葉を作ったのはわしやで(わしが知る限りは)。要は、まず世間で定義されている”サラリーマン”というイメージを自らのセルフイメージから排除することが大事なんや。

サラリーマンとは、固定給が保証されていて、働きのパフォーマンスの多寡に関わらず、一定の給料が支払われ、定められた時間その場所にいれば毎月同様の給料が振り込まれてくるというのが世間一般のイメージやと思う。

そういった”サラリーマン”というセルフイメージでは無くて、”リーマン事業を有する事業家”こういうセルフイメージに書き換える事がわしは重要やと考えている。

自分で起業してみたらわかるけど、社会保険料も馬鹿にならないし、一部上場企業であれば退職金や企業年金など、サラリーマンには非常に手厚い対価が支払われているわけなんよな。これ、一からビジネス作ってそれに匹敵する売り上げが上がるビジネスを作ろうとおもたら大変やで。

自分が所属する企業つうのは自分にとって最大のクライアントである可能性が高いわけや。故に、もしサラリーマンをやりながら副業をするのであれば、こういったセルフイメージを持って、最大のクライアントである所属企業に対して、いただいている対価以上のリターンを返すという気概は、当然事業家であれば求められるわな。

オンラインサロンで何を学ぶか?

オンラインサロンって沢山あるし、その中には有益な情報も沢山あると思うんよな。だから、わしはオンラインサロンを否定する気は全くない。

一方、うちの塾では、すごくベタだが、稲盛和夫氏の考え方にのっとり、成功=熱意×能力×考え方、であるという事を口酸っぱく伝えている。

金が儲けたい、この気持ちはわしもあるし、持っていて然るべき気持ちだと思うのだが、それをするに当たって常にわしは、「正しいアプローチ」をすべきやと考えてるんやな。これは20代の頃からずっと変わらない考え方である。

そういった考え方と、金を稼ぐスキルというのは、同じスピードで向上していかないと安定的に資産を増やしたり、発展繁栄していく事は難しいのではないかというのがわしの哲学である。

我々の塾はあくまでも成功支援塾。成功というのは人によってその定義は異なるが、大半の塾生は資本主義という世の中で成功したい、すなわち資産・資本を増加させていく事を成功の定義の一つとして持っている。

そういった成功を勝ち取る上で、わしは考え方やビジネスへのアプローチを大切にしていきたいし、これはリアルコミュニティであるからこそ提供できる価値であると考えている。

手っ取り早く儲かる話にわし自身も含めて興味が行きがちだが、スポーツと同じで基礎体力が無ければ大きくスケールはできないとわしは考えている。故に今後も、生涯にわたり、「考え方」というものを大切に塾運営・指導を行っていこうと思っている。

ほな またな。 金融参謀

 

令和裕成塾公式LINEはこちらから