令和裕成塾

金融参謀の告白〜あなたの人生に変革をもたらすために必要な事とは〜

金融参謀自身の人生を振り返って思うこと

おおきに。

今の人生を変えたいと潜在的に考えている人、多いんちゃうかな。
特に、サラリーマンの人に多いと思うで。自分もそうやったから。

わし自身の経験からお話しすると、わしも今まで何個かの人生の転機があったのだが、それらについてまずお話しようと思う。

まず、27歳、本当の出会い。その本に出会った時、体中に電気が走るのを感じたな。その本とは、ナポレオンヒル・思考は現実化する。思考が現実化するてどういう事やねんとその時は思ったのだが、この本は、ナポレオンヒルが科学的アプローチで作り上げた本だけあって、非常に説得力がある。加えて、成功者に色々な話を聞きたいという自分の願望を満たしてくれた本であり今でもわしのバイブルである。

次に29歳。起業を志す人達との出会い。ガチの社畜であったわしは、長年刷り込まれた社畜マインドの中でも、自分の知らない世界へ強い好奇心を持っていた。当時、やり手弁護士達との会食は非常に刺激的やったな。医師や弁護士などはリーマンヒエラルキーの最上位にいるような人種なので、その時は素直にこいつら凄いなと、強い劣等感を感じた事を記憶している。しかし、そんな中でもこいつらを圧倒的に超えていくんだと仲間達と誓いを立てた事を昨日の事のように覚えている。そして、その時知り合った起業家仲間は、今も大きな夢の実現に向けて順調に成長を続けている。

この頃、自己啓発として圧倒的に取り組んでいたのが、音声ファイルの聴講。社畜生活で触れる事の無い、質の高い情報にひたすら触れる毎日だったし、年商数千億規模の経営者と会食の機会等あろうものなら、どうすれば社長の様になれるのかと暑苦しく聞きまくる様な成功オタクであった。

その次が30歳前半。転職・ジョブチェンジである。それまで自分が作り上げてきた自分のイメージであるとか、システムを自分で叩き壊した上で、その根底にに根を張る基礎の上に新しい自分を構築していくフェイズである。
20代もずっと頑張ってきたが、ここが一番能動的に頑張ったタイミングかもしれない。ここでも色々な人との出会いが自分を大きく成長させてくれた。

そして30歳後半。仮想通貨との出会いである。仮想通貨との出会いといったが、根本的には仮想通貨というよりは、人との出会いが仮想通貨との出会いへと導いてくれた。まずそもそも仮想通貨に関心を持つきっかけになったのが、29歳の頃に知り合った起業家達からの情報。仮想通貨以前にアベノミクスで株式取引で億り人になっている男がいて、どうもその男が仮想通貨を取引しているらしいと聞いた。この話でわしの中に仮想通貨というものが記憶された。そして実際にトレードをするきっかけになったのがニイやんとの出会いである(ブログはこちらから)。この出会いが、トレーダーとしての金融参謀を一定の知名度を持つまでに育て上げるきっかけとなった。ニイやん無くして今の金融参謀及び令和裕成塾は無しと言っても過言では無いだろう。

そして最後に、令和裕成塾塾生との出会い。2018年2月、わしが過去最高利益である899万円を叩き出した月である。この月は毎日100名以上のペースでフォロワーが増加した。トレードは目をつぶっていても音を聞くだけで勝てる。損益グラフをアップするだけで③大ロワーが増える。オフ会などがあるとなぜか一目置かれる。正直、2月の前後で大きく状況が変わったので、俄かに状況を飲み込む事ができなかったと思う。

驕れる者は久しからず、盛者必衰の理、当時これを強く意識していたので、当時考えていた事はこのトレードの成功をいかに次の成功に繋げるか、という事だけであった。

数多く送られるDMの中から、これはという人を厳選して直接面談を実施し、この金融参謀塾を立ち上げた。当初より、トレードだけでは永続的発展は難しいと考えていた。しかし、設立当初は流石にトレードメインの塾であったのも事実である。

わしは人に恵まれたと思う。はっきりいって運がいい。自分より優秀な人間が多く当塾の門を叩いてくれたし、そういった人達が自然と塾の価値を高めていってくれた。塾構成員の成長が塾の成長といっても過言では無いと思う。事実として、本部には自分より何倍も稼ぐ人が山ほどいる。自分より優秀な人が山ほど存在する。

こういった点より、当塾は一人のスーパーマンをヒエラルキーの筆頭に置くような宗教的集団ではない事が理解いただけるのではないだろうか。

わしはこの塾の発展を塾長として請け負っている存在であり、決して教祖ではない。当塾においては、わしのいう事が全てではない。一方、方向性を示すという事はリーダーとして必要な事であるし、唯一全体を俯瞰できる立場なので、常に全体の事を考えて日々活動をしている。

これらの自分自身の人生を振り返ってわしの人生を変えたものは

1.本や音声コンテンツなどの情報との出会い
2.人との出会い
3.異なる環境に自分を置く事

この三つである。この三つの積み重ねにより、金無し、コネ無しという状況から、自ら人生を切り開き、2020年6月現在で60名を超える令和裕成塾を作り上げてきた。

そういった自身の経験を裏付けとして、自利利他の精神で、より多くの方の人生に正のインパクトを与えたいと思い運営するのが、この令和裕成塾という事やな。

あなたの人生を変える為に必要なこと

あなたの人生を、閉塞感満載の人生を、良い方向に変えていく為に、どういった事が求められるやろうか。

わし自身の人生を振り返ってもそうやと思うんやけど、まず行動する事、これが大事やと思うで。

本に出会うにも、情報に出会うにも、人に出会うにも、全て前向きな感情に裏打ちされた自分発の前向きな行動があってこそやと思うわけや。

だから、まずそなたには、前向きな意思に裏打ちさらた行動を起こして欲しいと思う。

例えば、この男、M-ZON。当塾の筆頭支店長として、現在の支店システムの基礎を作った男であるが、この男も自らの行動力で人生を切り開いた男の一人である。

あるいは、この男、JAG。トレードで爆益更新中に当塾の門を叩いた。この男、先月も1000万円以上のトレード利益を残しているが、もっと大きな自分を目指してわしの元にやってきた。今では令和裕成塾大学生部門のヘッドとして、学生の指導に加えて、指導者の育成にも取り組んでいる。今後の成長が非常に楽しみである。

あるいはこの男、マックス山本ファクター。当塾に入り、エンジェル投資家や、動画編集のプロ、漫画制作のプロ、ウェブ周りのプロ、に出会うまではこんなユーチューブ漫画動画制作事業に着手するなど想像もつかなかっただろうと思う。

あなたの前向きな感情に裏打ちされた前向きな行動が、そなたの人生を自ら望む方向へ導く事となる。

しかし、環境を変えるというのは大きな決断がいる事である。特に、30歳を超えたサラリーマンに至っては、転職するというのは、特にこんなコロナの状況下であるが故に、非常にストレスのかかる決断である。

一方、現状のままでは、現状のままである。自分の夢を追い求める事ができない。

転職にはリスクが付きまとう。起業とて同じである。

転職や起業をせずとも、今までと異なる環境を手に入れ、あなたの人生に変革をもたらすことができるもの、それがこの金融参謀塾である。

金融参謀塾式人生右肩上がりのメソッド

当塾は成功支援塾である。成功とは各人によって定義は異なる。故にあくまでもクライアントである塾生の価値観に寄り添った運営を行なっている。その成功を目指して以下のメソッドで成功を支援している。

1.マインドセット教育

成功するにあたって、求められる思考様式について教育をする。これは塾長自身が長年わたり習得してきた知識やノウハウをダイレクトで共有を実施していく。塾長の周囲でも多くの成功者が生まれているが、そういった考え方の土台に大きな飛躍をしている人物は非常に多い。20歳そこそこでは分からなかったメソッドであるが、そこそこの年齢になったからこそその重要性が理解できるし、マインドセット無くして成功無しとも言い切る事ができる。

マインドセットの重要性を説く、金融参謀塾漫画シリーズベストセラーの漫画、M-ZON編はこちら

2.PDCAコーチング

当塾は、現在、本部、支店・カレッジ、という組織構造で活動をしている。

支店においては、本部で二年弱私の指導の下活動を継続し、私のメソッドの下、私が認める成長を遂げ、成果を出し、このメソッドを他者へ提供できると認めた塾生を支店長として任命し、その支店長が支店に属する塾生と共に、独自のメソッドに基づき週次で寄り添いながらPDCAを回していく。この点、他のオンラインサロンとは立ち位置が異なる。

そもそも、自分一人で生きている人って、そんなに頻繁に過去を振り返る事も無ければ、その事実に基づいてその先の未来を構想し、行動するというPDCAサイクルを適切に回している人って少ないんちゃうかな。

第三者の目で、自分自身をあくまでも客観的に見る事、そして自らが定義する成功に向けて、第三者の脳みそを借りて、先を見据えた行動計画を立て、行動に移すこと。こういった事の積み重ねが右肩上がりの人生の実現に繋がる。また、小さな異変にもタイムリーに気づくのがこのPDCAコーチングの良いところである。

毎週毎週を大切に生きている人間と、そうで無い人間を比較した場合、生産性に差が出るのは必然的な帰結であると考えるし、自分自身もこれを導入する事で確実に生産性が向上しているという自負がある。この習慣のインナーサークルに入れるという事が大きな価値を持つという事を実感して欲しい。

3.コンテンツ

コンテンツありきではない。当塾は。しかし結構色々コンテンツはある。アフィリエイト、物販、営業代行、転売、プログラミング。その方々の成功に合致すると判断されたコンテンツをアレンジさせていただくという事になる。
入塾時にある程度何に取り組むかの確認はさせていただいている。そのうえで真剣に取り組んだ場合、そこそこ稼ぐのはそこまでハードルが高く無いと我々は考えている。

4.上記を包含するハイエンドなビジネスコミュニティ

付き合う人を選ぶことは成長や成功に向けてすごく重要な意思決定である。後ろ向きな人間や、悪いことを考えている人間と付き合うと、自らもそのような人間になっていく。朱に交われば赤くなるその意味。

当塾の構成員は、本部、支店・カレッジ含めて全てわし自らDMにて面接を実施する。それを通過した人が担当支店長と今度は直接の面談を実施する。その関門を乗り越えてきた人だけが入塾できるというハードルを設けている(実際結構お断りをさせていただいている)。

自分自身が、「自らの力で成功したい」「自らの努力で人生を良い方向に導きたい」こう考えているし、また、この様に考えている人とお付き合いしたいと考えているので、そういう人ばかりが集まってくるという事になる。結果として。

また、自身のコミュニティ運営の経験から、質の高いコミュニティを維持するには人数制限が重要という事を学んだ。故に、当塾は支店毎に定足数を設けている。定足数を充足後、私の基準を満たす支店長が輩出できる場合はご対応が可能だが、そうで無ければご対応ができないという仕組みで、故に、支店長の育成には今最大のエネルギーを注いでいるところである。

現在支店長に任命しているのは、
M-ZONベストセラーNOTEはこちら
ダニエル
シェマダプロファイルはこちら
ドエスキリストガノフプロファイルはこちら
tough guy参謀プロファイルはこちら
六爺 (プロファイルはこちら)
JAG  (プロファイルはこちら)
Jeff Seid
どせぜん | 京大院生マーケター

令和裕成塾へのアクセスについて

もし、今これをお読みのあなたが、即座に当塾に興味があるという場合は、ブログの右上に問い合わせ機能を設置したのでそちらから問い合わせをするか、ツイッターにてわし宛てにDMをくれたらええ。自己紹介(名前、年齢、居住地、関心を持った理由等)を入れといてや。あるいはブログ最下部の公式LINEに登録して見てより深い情報を得るというのもええかも知れん。

2018年2月の塾立ち上げより塾グループ全体で61名になった令和裕成塾。これだけ多くの方にお喜びいただき、塾生の成功と成長をお手伝いしてきたわけだが、わしは自らが考案したこの令和裕成塾式メソッドを通じて、もっともっとたくさんの方の成長や成功を支援し、そういった方々の人生を成功に導きお手伝いをしたいと考えている

「自らの力で成功したい」「自らの努力で人生を良い方向に導きたい」「同じ様な正のエネルギーを持って前進する人の仲間になり自らも成長・成功したい」「成功を定義し、成功に向けて正しい考え方を身に付けたい」こういった前向きなエネルギーを持つ方からの問い合わせには真摯に対応をさせていただく。

我々の理念や構想に共感いただけるそなたからの連絡を待っとるで。

令和裕成塾塾長兼CEO 金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから