令和裕成塾

【悲報】Jeff Seid@採用強化 (@Jeff_seid)の卒業に際して祝辞と考察

金融参謀塾 塾長プロフィール

この画像でスタートすると、多くの塾生から、「怪しいので辞めて欲しい」「素晴らしい活動をしているのに誤解を招くからやめた方が良い」など辛辣なコメントや指摘をいただくのだが、私はこの感じの方が自分自身が乗ってくるので、今回はこれで行かせてもらう。申し訳ない。

さて、令和裕成塾にご関心をお持ちいただいている人はご存知かも知れないが、当塾の大学生部門所属のJeff Seid@採用強化(@Jeff_seid)さんが卒業されました。

卒業に際しては、入塾の経緯や想いを率直に綴ったnoteを執筆。

大学生部門は、リアル爆益トレーダーであるじゃが芋(@jaggaimoman)さんに任せているので、頻繁に面談したり交流する関係では無かったが、元々入塾について声をかけたのは紛れもない私。

彼を知る私の目から彼のnoteを考察する事は、彼の優秀さを裏付ける事にもなるし、いつもとは異なる視点で令和裕成塾の事を皆さんに知っていただく「好機」と考え執筆させていただく。

Jeff Seid@採用強化とはどんな男なのか??

端的に言うと、すごい学生だ。お世辞抜きにすごいと思う。

プロフィールには早稲田と書かれているが、受験では慶應にも合格していたとの事で、まあそのぐらいの知的レベルの持ち主であると言うのはまず前提としてご紹介しておこう。

彼は元々、令和裕成塾(旧金融参謀塾)の事を斜めから見ていた。一度入塾云々のやり取りをした時は、本人の希望で一度見送った事を記憶している。

が、何かがきっかけで、再度TwitterのDMで話す事となり、2019年12月頃に入塾する運びとなった。令和裕成塾は塾生一人一人にユニットリーダーというコーチが担当として張り付くのだが、そのコーチとしてじゃが芋(@jaggaimoman)さんを任命させていただいた。

それでだ、入塾後4ヶ月を経過した時、彼が書いたnoteがこれだ。

マインド一辺倒の、超体育会系の脳筋ゴリラの様な内容だが、その節は否めない。

しかし、この男が入塾後に叩き出してきた実績や文章に書かれている内容は全て事実である。

私は、彼に入塾を推奨した事について、彼に対して大きな価値提供ができたと自負している。もちろん決断したのは彼だし、実行したのも彼だ。そして彼に大きな影響を与えたのはじゃが芋(@jaggaimoman)さんであり、塾内の素晴らしい仲間だったであろう。

しかし、入塾について「ある種のリスクを取らせる」というこの最初のアクションが無ければ今彼が生きる世界線は異なるものになっていたであろう(他の世界線でも成功していると思うが)。

彼は物事を本質的に論理的に考える人間で、行動力があり、若いながら物事の分別も弁えている。そして何よりハングリー精神が旺盛。並の根性であるとは思えない。

こんな40歳を超える私がそこまで認めるほどなので、さぞかし他の一般的な大学生からすれば、異端児というか、コンフォートゾーンを乱す存在(要は、優秀過ぎて他の人間が居心地が悪くなる存在)として認知されていた事だろうと思う。

この度、アダルト事業にbetするという事で卒業という運びとなったが、彼の令和裕成塾への貢献は極めて大きかった。彼の発信する「熱い」情報発信に共鳴して当塾にご関心をお持ちいただいた方はたくさんいらっしゃったし、ユニットリーダーとしてユニットの塾生と共に短期間で階段を駆け上がっていかれた。

「熱き漢Jeff Seid」との出会いに心から感謝し、また、令和裕成塾の発展に対する大きな貢献に対しても心からの敬意と感謝をここに示したい。

後輩達とパートナー関係でいる為の座組を私が準備できれば良かったが、至らない点も多く申し訳ない。が、きっとJeffさんにとってはこれが正しく、今後も素晴らしい未来が待っているのはいずれにせよ間違い無いと思う。

Jeffさん、入塾いただきありがとうございました。また至らぬ点も多かったかと思いますが、その中でも大きく成長をいただき、本当にありがとうございました。

noteから紐解く令和裕成塾

さて、ここからはこの素晴らしい卒業noteを題材として、令和裕成塾の中身について解説を加えていこうと思う。以下は、このnoteからの抜粋。

令和裕成塾って?

副業で稼ぎたい人、ビジネスの幅を広げたい人、生活をもっと改善したい人、資格やスキルを身に付けて起業や転職したい人、メンタル鍛えたい人、ダービー馬の馬主になりたい人、なんだか色々な人が居るようです。

そもそもあなたは何がしたいの?人生の目標はなんなの?そんなところから始まる感じです。
そして結局は自分から動かないとダメなんです。
自分はこうなりたい!って目標を決めたらそれに向かう為に何をするべきか、その辺をまずは考えてから頑張っていきましょうって感じ。
その間に色々行動しては改善したりアドバイスをいただいたりとか。むしろゴールまでの道筋が見えていてやるべきことを自然とやるのが理想なのかな。

因みにトレードは関係無いって言いましたが、中にはトレードでバリバリ稼いでる人も居ます。
それはその人自身に能力があって効率良く稼げるものがトレードであるからであって、別にトレードを勧めているわけでも教えてるわけでもないです。自分はやってるけどw(むしろトレードを学びたいならそういう専門のところに行った方が良いと思う)
(出典:六爺noteより)
って感じで、わかりやすく一言で説明すると副業コミュニティです。

六爺さんのnoteより

六爺さんのnoteが令和裕成塾の中身を詳細に表してくれていますが、この通りで塾内には色々な属性の方が在籍しています。経営者、会社員、大学生、大きく分けてこの三つの属性に別れます。

現在では、私自身が会社員を続ける中で副業の必要性に気付き、トレードを始めたり塾を作ったりした経験から、「会社員」の方の比率が大きくなっています(しかし最近でも、自営業者の方から入塾オファーを受ける事も多く、あえてどういう属性でなければいけないといった縛りは設けていません)。

私が大切だと考えている事は、「正しい考え方をする」という事です。既に習得していたり学んでいる人からすれば「知っている」という内容かも知れませんが、おそらくそういった「正しい考え方」の土台を持たずになんとなく歳を重ねる人が無茶苦茶多いのでは無いかと思います。

その様に私が考える「正しい考え方」を「バイブル」としてまとめ、初期教育を行います。その土台の上に、ユニットリーダーを中心とした「人」から受ける良い影響が加わってマインドが構築されていくのだと思います。

「正しい考え方」ともう一つ大切だと思う事は、「明確な目標を持つ」という事です。これも私自身が人生経験の中から、明確な目標を持たず過ごした時、と、明確な目標を持って過ごした時の生産性の違いに気づいた部分に着想を得ています。

PDCAサイクルという言葉を聞いた事がある人も、無い人もいるかも知れませんが、目標を設定し、それに向けて「週報」という独自のシートで塾生が自らの行動を振り返り、自ら考え、そのアウトプットに対してユニットリーダーがフィードバックを加える中で成長を目指す、というのも塾の基礎的なサービスとなっております。

マインドセット・PDCAサイクル、この二つは塾の提供価値を構成する要素の中でもかなり大きな部分を占めると言えます。

さて、次にこの部分を抜粋 


Jeffさんは、収益の伸びの速度の塾内偏差値が70ぐらいで、とにかく早かったです。

これだけ見てますと、トレードだけで大きく稼いだみたいに見えますが、その資金でプログラミングを学んだり、アフィリエイトに取り組むなので、とにかく貪欲に色々な事に調整し続けていました。

裏を返すと、そういった結果に繋げる為の有用なリソースが令和裕成塾内に見出す事ができるという事かも知れません。

令和裕成塾の塾生は、多くの方が「会社員」であり「家族」を持っています。色々と制約条件が多い中ですから、その限られたリソースの中で月次利益500万円を叩き出すと言うのはトレードで余程成功でもしない限りは一般的には難しいです(私も過去のハイスコアがトレードで月次899万円でした)。

500万円とは言わずとも、最近ですと割と収益化の再現性が高い、「物販」分野では月次50万円を稼ぎ出す塾生は増えてきました。

それ以外にも為替の自動売買である「EA」に取り組んだり、アフィリエイトに取り組んだり、動画編集に取り組んだりなど、会社員がまず「0→1」を生み出す環境としては良いものが出来上がったと考えています。

次にこちらを抜粋

ここは、ちょっと私と解釈が異なっていて補足させていただきたいと思います。

令和裕成塾の塾生の平均在籍年数は1.6年。最長で4年超です。

宗教を否定するわけではありませんが、私は宗教の様に心の救いを求める為だけに在籍を続ける事が正しいとは思っていません。

では、長く在籍いただく方はどの様な方なのかと言えば、「塾内でビジネス的にWINWINの関係が成立している」方となります。

ここで言うWINWINとは、解釈の幅は広いのですが、例えばユニットリーダーのコーチングに価値を感じ業績を伸ばしている方もいらっしゃるでしょうし、私とビジネスパートナーとしての関係を構築されている方もいらっしゃるでしょう。私は多様性を大切にしたいと考えており、色々な形があろうかと思います。

こちらは、令和裕成塾の理念です。理念だけで金儲けはできない、と言われるかも知れませんが、私がこの塾の活動を通じて成し遂げたい事はこの理念の完遂です。

今回jeffさんは、私から見れば前人未到の向上・発展を実現された。その意味で塾としての使命は果たす事ができたと考えます。

そして最後の抜粋

知識と意識だけ高めても1年にもならない。私も同意見です。知識と意識を高めつつ同時に行動し続ける事でjeffさんの様な前人未到の向上・発展が実現できるのだと思うし、今まで飛躍的に成長された塾生も同様でした。

目標設定や、成長速度には個人差があると思います。年齢や立場によっても環境は異なりますので。よって、人と比べてネガティブになる必要は無いのかと思います。自分の人生のオーナーは自分自身ですので。

一方、jeffさんが指摘してくれた様に、塾にはそれを成し遂げる為のリソースが準備されているし、同時に、まだ各人が把握できていないリソースが埋もれているという事もあるわけです。令和裕成塾のシンボルである手形には、令和裕成塾を構成する多くの要素を埋め込みデザインしました(詳しくはこちらのブログを参照ください)。

一番上に、「握手」のデザインがあります。これは「信頼」を表します。

私は今後も、この「信頼」や「信用」を第一に塾を運営していきたいですし、そういうビジネスマンであり続けたいと考えています。

以上、jeffさんのnoteをお借りして、塾のご説明をさせていただきました。ありがとうございます。

令和裕成塾を知る為の情報集

これを読んで、令和裕成塾にご関心をお持ちいただいた方もいらっしゃるかも知れません。

最後に、ご関心をお持ちの方向けに、塾の事について書かれたnoteや情報ソースを以下にまとめさせていただきますね。

1.低収入サラリーマンが令和裕成塾(金融参謀塾)で一年間修業した結果

令和裕成塾の黎明期より存在する筆頭ユニット、ミヤゾンユニットに在籍する
ブルーバード佐藤の作品。入塾の経緯から、成長に至るまでの具体的なプロセスについて詳細に記載がなされている。

2.平凡なサラリーマンが3ヶ月で合計収益100万円を達成した理由とは!?

緊急事態宣言下の2020年5月に入塾後2ヶ月弱でアフィリエイトで爆発的な利益実績を上げたズラシガノフ氏の記事(令和裕成塾公式サイトと書かれているが私が認めていると言う意味です)。薬剤師という多忙な立場でありながら、どう言う理由で入塾したのか、その成果はどうか、と言う点についてデータを交えて詳細に説明を加えている。

3.令和裕成塾(前:金融参謀塾)に入塾して7ヶ月経ったので、実情を語る

京都大学を卒業し、現在会社員として活躍するどせぜんさんの大学生時代の作品。当時のjeffさんとの関係性も垣間見える作品。

4.令和裕成塾公式YouTube

こちら私が変換音声ではありますが、実際に話をさせていただいております。犯罪者の様な声で辛辣な指摘を方々からいただいておりますが、会社員の方には特に届けたい内容ですのでご参考になればと思います。

5.金融参謀マンガ 第5弾 M-ZON

こちら有料にはなりますが、令和裕成塾で月収20万円お地方都市在住会社員であるミヤゾン(旧M-ZON)が、副業で100万円稼げる様になった軌跡を漫画でお読みいただけます。このnoteは過去から無茶苦茶売れてます。

そして、最後に、令和裕成塾の公式LINEのご案内。こちらのご登録いただくと、上記の有料漫画に加えて、これ以外の他の有料漫画を無料でお読みいただけたり、令和裕成塾に関してnoteに書かれている以上の情報をこちらも無料でお受け取りいただけます。

少しでもご関心がある方は、是非ご登録いただくとあなたの可能性を引き出すきっかけになるかも知れません。お気軽にご登録ください!

令和裕成塾公式LINEはこちらから

 

                 令和裕成塾塾長 金融参謀