コラム

新型コロナウィルスと景気低迷がサラリーマンに与える影響〜今あなたがすべき事〜

新型コロナウィルスと景気低迷がサラリーマンに与える影響

新型コロナウィルスは、2月中旬から徐々にその影響が国内で懸念され始め、下旬には急激に風向きが変わり、各地でイベント中止が相次いだ。
そして2月末頃からは時差出勤、リモートワーク、卒業式中止、休校など、国内全体がとんでもないムードとなり本日を迎えている。

2月24〜28日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価の値下がりは3580ドル、値下がり率は12%を超え、18.1%を記録したリーマンショック以来の下落率である。東京株式市場の日経平均株価も週間で2243円78銭(9.6%)の値下がりで、こちらもリーマンショックに次ぐ下げ幅となった。

一説には、東日本大震災より日本の経済的な影響は大きくなる可能性があるという声も聞かれ、消費増税の影響が残る中の新型コロナの流行は、日本の経済にとって「最悪のタイミング」ともささやかれる。

独自の切り口で、今回の新型コロナウィルスが景気に与える影響について三つのポイントで述べてみたいと思う。

ポイント①自粛ムードが与える影響

今回の新型コロナの自粛の動きは、2011年の東日本大震災直後のムードと似ている様に私は感じている。当時は原発の事故や首都圏の計画停電等が発生し、外出の自粛やイベントの中止が相次いだ。

今回は、政府がスポーツ・文化イベントなどの開催自粛を要請し、コンサートやイベントの主催者が続々と中止を表明。イベントなどが中止になり、感染を遅れて外出を控える人が増えれば、その分、お金を使う人も減っていくし、イベントで発生するだった売上がキャンセルになる事で金回りは悪くなっていく。

東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンも休園を決定。これだけ経済活動が一気にストップするのを見るのは、かなり久々という印象を持つ。

2011年の東日本大震災では、国内の家計消費は震災後半年で約2兆円ほど押し下げられたと言われ、今回も当時並みの自粛となった場合は、同様の規模の家計消費が減少する可能性があると私は考えている。

ポイント②インバウンドに与える影響

海外からの観光客によるインバウンド関連の経済も大きな影響を受ける見通しである。

自粛の影響を受ける可能性がある分野は、宿泊や運輸、小売、レジャー、外食、旅行、イベント関連等が想定される。

事実として、大阪辺りの企業で直接聞いている話では、ホテル関係の売上減少、それに伴うアメニティ関連納入業者の売上減少、飲食関係の売上減少、あるいは中国でアパレルを製造し、国内で販売している業者が仕入れストップした事による売上減少など、既に具体的な影響が出ているのだ。

一方、宅配や通販などの自宅で利用できるサービスや、 テレワーク・通信などの在宅勤務関連の分野は逆に特需があるかもしれない。

自身が具体的に知る特需としては、オゾン発生機の除染特需が上げられる。まさにウイルス対策という事で圧倒的に売上増加傾向にあると聞かれるが、その後の反動による落ち込みを危惧する声も聞かれる。

ポイント③消費税増税の影響とのダブル打撃

新型2019年10月に実行された消費増税により節約志向が高まった事から買い控えも広がっていった面がある。

2019年10―12月期のGDP(国内総生産)は、5四半期ぶりにマイナス成長。年率換算ではマイナス6.3%。2014年の消費増税時の7.4%に次ぐ下げ幅である。

ここ十数年の日本経済の3大ショックとして、リーマンショック(2008年)、東日本大震災(2011年)、消費増税(2014年)が挙げられるが、回復までに要した時間がもっとも長いのは「消費増税」だったのだが、今回は消費税増税という局面に新型コロナウィルスが直撃したわけだから、過去起きた3大ショックが一気に来たといっても過言ではないのではなかろうか。

サラリーマンは今何をするべきか

どうも、上記の内容を踏まえると、今回の局面における新型コロナウィルスの問題は、景気に与える影響が相当大きい様に思う。

こういった事実を踏まえると、サラリーマンであるあなたは今後自社の業績が予想以上に悪くなる事を想定して先手を打って動く事が重要であると私は考える。

そもそも、人口減少社会である我が国において、金融機関などの不況業種で働くあなた、あるいは働いても所得が増えない公務員のあなた、同じくそもそも所得水準が高くない中小企業勤務のあなた、あなたは、コロナウィルスによる景気減速を受けてという事には関係無く収入面の問題、自己実現上の問題を抱えているのではないだろうか。

では、そういった閉塞感のある現状から抜け出す為に、あなたがやるべき事を何点かお伝えしたいと思う。

①自分を閉塞状態に追い込んでいるマインドを破壊し新たなマインドセットを構築する事
・サラリーマンというのは、所属企業の繁栄の為に構成員の自己犠牲を強いるように仕組みの構築がなされている。大企業で多くの鬱病患者が発生するのはこの為である。鬱になる人は真面目で実直な人が多い。そういった善意の人間を蝕むのが組織の繁栄を目的として組織にビルトインされた同調圧力であったりパワハラであったりする。
詳細は、当塾入塾後人生を大きく変革した社畜代表MーZONこの漫画を参照

②ストイックなコーチのもと、PDCAサイクルを回す
・いくら良い事を思いついたり、良いコンテンツに出会っても、粘り強く行動を継続していかなければ成功などとてもでは無いが覚束ない。自ら徹底的に規律を保ち、あなたの目標達成に向けて利害を共有し共に並走するストイックなコーチの元、日次、週次でPDCAを回し、それを積み重ねる事で、あなたは間違いなく最短で着実に目標達成へと近く事が可能となる。

③自分に応じた質の高い稼ぎ方をセレクトする
・パソコンや携帯一つでありとあらゆる情報を得ることができる世の中である。一方、情報が多すぎて、その取捨選択する事のコストが同時に高まっているのも現代の特徴ではないだろうか。副業という形で金を稼ぐ方法というのは色々と世の中にはあるのだが、自分自身のあるべき姿に照らし合わせて、本当に適切な物を選別して取り組むという事は目標に最短で到達する為に重要な要素であると言える。

④エフィカシーやコンフォートゾーンの高い仲間と密度の濃い時間を過ごす
・エフィカシーとは自分の能力に対する自分の自己評価の事で、コンフォートゾーンとは、自分が心地良いと感じる基準値の事である。年収を上げたいならば、年収の高い人の群れに入れとはよく言われる事だが、エフィカシーとコンフォートゾーンが高い人々の群れに属する事で自ずと自らもその様になる事ができる。そもそも無能な人間など一人もおらず、自分が自分に対して行うセルフトークや周りの人間からかけらえる否定的な発言により、無能せしめられているという事は往往にしてあるのである。

入塾後その瞬間から世界が美しく見える金融参謀塾

先ほど、上記で説明したあなたがやるべき四つのポイント。

①自分を閉塞状態に追い込んでいるマインドを破壊し新たなマインドセットを構築する事
②ストイックなコーチのもと、PDCAサイクルを回す
③自分に応じた質の高い稼ぎ方をセレクトする
④エフィカシーやコンフォートゾーンの高い仲間と密度の濃い時間を過ごす

これらを全て包含するのが、実は金融参謀塾である。

マインドセットは本当に大事である。これだけで見える景色が変わるといっても過言ではない。誤解を恐れずに言えば人は皆何かに洗脳されている。

親の教育、学校教育、社員教育、それらは全てが正しいかと言えば、普遍的に正しいものもあるかもしれないが、大抵がなんらかのバイアスがかかった教育であり、思考停止状態で洗脳されているというのが通常の人間である。

まずそれをニュートラルに戻すところからスタートだ。ニュートラルに戻すと大抵、あなた変わってるねなどと言われるのだが、変わってるのは貴様だと言い放とう。そこからスタート。

PDCAコーチング、これも大切。我々令和裕成塾塾生は皆最低でも一週間の区切りにおいて、参謀シートという独自開発のシートに基づき、コーチの監視のもとPDCAを回している。ここに時間を割くことで、次の一週間の生産性が飛躍的に向上する。

コンテンツの提供。これについても塾内にコンテンツ開発・選定最高責任者を任命し、常に新しいものを研究開発している。そして、そのコンテンツはただ儲かるというだけでなく、世の中にとってどういう役割を果たし、その発展に貢献するのかという観点からも精査を加えて検討を継続している。

仲間は大事である。会社では本当に志を一にした仲間を見つける事は困難であるし、見つけたとしても相互に現状維持マインドを加速するだけで、相互向上という関係性からは程遠い。当塾は一定の基準を満たし、金融参謀のDM面談をクリアし、支店長の面接をクリアした人間のみで構成されている。仲間に加わるという時点で一定の成功確率が担保された様なものだが、そこから前向きなマインドで取り組みを継続する事で、自身が想像もしなかった様な成長を遂げる事も十分可能だ。

コロナウィルスの蔓延による景気後退や所属企業の不景気など気にする事なく、リーマン活動をリーマン事業として捉え直し、我々と共に自分の事業というものを作っていこうとは思わないだろうか。

我々は、我々の考えや理念に共感いただける、前向きで素直な心の持ち主の挑戦を願ってやまないのである。

金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか