コラム

コロナウィルス蔓延を受けて不安を煽る動画などに対して思う事

3月初旬のコロナ関連コラムについて

おおきに。

最近、ユーチューブの台頭に加えて、コロナウィルス蔓延というものが重なった事で、ネガティブな動画が圧倒的に増加している。この捉え方について持論を述べたいと思う。

そもそも、この状況下、基本的に悲観的な予測をすれば大体が当たる。だから、色々なインフルエンサーが、悲観的な未来、あるいは場合によっては希望を与える様な未来を語り人々を惹きつけ、そして知らず知らずのうちに人々はそれに影響を受けている。

私は3月初旬にこういうコラムをリリースした

ここに記載しているのは、まず、全て事実である。コロナウィルス蔓延で、イベントが自粛。株が下がった。どうも結構やばそうなウィルスである様だ。この事実を記載した。

そしてその次には、その事実と過去の事例に基づく推論を述べている。

渡航自粛でインバウンドは影響を受けるよね、当然消費税増税とのダブルパンチで景気は冷え込むよね、という事を述べた。

そういった脅威が迫り来る環境下でサラリーマンや中小企業経営者、あるいは学生がどういった行動をするべきか、という提案を述べた(その答えが当塾の活動にあるという事で若干五月蝿かったかもしれないが、それが自分の主張なのでその様に述べた)。

不安を煽る動画の狙い、希望を謳う動画の狙い

外部環境の脅威に晒された時、あるいは病気で弱った時など、人の心も同時に弱る。トレードでも同じ事が言えるが、痛い、気持ちいい、という感情に左右されていては正しい判断ができない、すなわち養分乙である。

これだけ外部環境が悪化すれば不安を煽れば大体その通りになっていくのが普通の話である。そもそも皆不安だから、その動画を支持し、更にその関連の動画を見る事で、確証バイアスに似た悲観ムードを自身の中で醸成し、ドンドンドンドンネガティブな思考を作り上げていく。特に、スピリチュアル系の情報に注意して欲しい(ホンマなのかもしれんがわしは信じない)。

これは、今後の外部環境が悪いから先手で備えをしていくという論理的思考とは言えず、ネガティブな感情に支配されて自らの人生をコントロールしづらくなる事に繋がる行動である。最悪を想定し、想定外の想定をしておく事はリスク管理上重要な事だが、それとは一線を画する状態が上記の状態である。

逆に希望を与える動画。これは不安を払拭するのに良い。これだけ不安定な状況に明るい情報を得たいというのは人のごく当たり前の心情である。一方、これについても事実に基かない情報を見て、その情報に振り回せれて脳死の楽観論を支持するのでは養分乙である。

未来がどうなるなどわからない。今大切なのは、あくまでも正しい事実情報を集める事。それを元に論理的に推論を展開し、備えをする事。また次の成長へ布石を打つ事。わしはこれが重要だと思っている。優秀な経営者は幅広くファクトを集め、その上で意思決定を下している。

以下、いつもと同じ内容だが、当塾はあくまでも成長や成功に向けて、科学的なメソッドをご提供している。それをご理解いただきたいと思い、この記事をしたためた。

令和裕成塾式人生右肩上がりのメソッド

当塾は成功支援塾である。成功とは各人によって定義は異なる。故にあくまでもクライアントである塾生の価値観に寄り添った運営を行なっている。その成功を目指して以下のメソッドで成功を支援している。

1.マインドセット教育

成功するにあたって、求められる思考様式について教育をする。これは塾長自身が長年わたり習得してきた知識やノウハウをダイレクトで共有を実施していく。塾長の周囲でも多くの成功者が生まれているが、そういった考え方の土台に大きな飛躍をしている人物は非常に多い。20歳そこそこでは分からなかったメソッドであるが、そこそこの年齢になったからこそその重要性が理解できるし、マインドセット無くして成功無しとも言い切る事ができる。

マインドセットで大きく飛躍した塾生はM-ZON

金融参謀塾漫画シリーズベストセラーの漫画、M-ZON編はこちら

2.PDCAコーチング

当塾は、現在、本部、支店・カレッジ、という組織構造で活動をしている。

支店においては、本部で二年弱私の指導の下活動を継続し、私のメソッドの下、私が認める成長を遂げ、成果を出し、このメソッドを他者へ提供できると認めた塾生を支店長として任命し、その支店長が支店に属する塾生と共に、独自のメソッドに基づき週次で寄り添いながらPDCAを回していく。この点、他のオンラインサロンとは立ち位置が異なる。

そもそも、自分一人で生きている人って、そんなに頻繁に過去を振り返る事も無ければ、その事実に基づいてその先の未来を構想し、行動するというPDCAサイクルを適切に回している人って少ないんちゃうかな。

第三者の目で、自分自身をあくまでも客観的に見る事、そして自らが定義する成功に向けて、第三者の脳みそを借りて、先を見据えた行動計画を立て、行動に移すこと。こういった事の積み重ねが右肩上がりの人生の実現に繋がる。また、小さな異変にもタイムリーに気づくのがこのPDCAコーチングの良いところである。

3.コンテンツ

コンテンツありきではない。当塾は。しかし結構色々コンテンツはある。トレード、アフィリエイト、物販、営業代行、転売、プログラミング。その方々の成功に合致すると判断されたコンテンツをアレンジさせていただくという事になる。
入塾時にある程度何に取り組むかの確認はさせていただいている。そのうえで真剣に取り組んだ場合、そこそこ稼ぐのはそこまでハードルが高く無いと我々は考えている。

4.上記を包含するハイエンドなビジネスコミュニティ

付き合う人を選ぶことは成長や成功に向けてすごく重要な意思決定である。後ろ向きな人間や、悪いことを考えている人間と付き合うと、自らもそのような人間になっていく。朱に交われば赤くなるその意味。

当塾の構成員は、本部、支店・カレッジ含めて全てわし自らDMにて面接を実施する。それを通過した人が担当支店長と今度は直接の面談を実施する。その関門を乗り越えてきた人だけが入塾できるというハードルを設けている(実際結構お断りをさせていただいている)。

自分自身が、「自らの力で成功したい」「自らの努力で人生を良い方向に導きたい」こう考えているし、また、この様に考えている人とお付き合いしたいと考えているので、そういう人ばかりが集まってくるという事になる。結果として。

また、自身のコミュニティ運営の経験から、質の高いコミュニティを維持するには人数制限が重要という事を学んだ。故に、当塾は支店毎に定足数を設けている。定足数を充足後、私の基準を満たす支店長が輩出できる場合はご対応が可能だが、そうで無ければご対応ができないという仕組みで、故に、支店長の育成には今最大のエネルギーを注いでいるところである。

令和裕成塾へのアクセスについて

もし、今これをお読みのあなたが、即座に当塾に興味があるという場合は、ブログの右上に問い合わせ機能を設置したのでそちらから問い合わせをするか、ツイッターにてわし宛にDMをくれるか、公式LINEへ登録するとええかも知れない。自

2018年2月の塾立ち上げより塾グループ全体で50名強になった令和裕成塾。これだけ多くの方にお喜びいただき、塾生の成功と成長をお手伝いしてきたわけだが、わしは自らが考案したこの金融参謀塾メソッドを通じて、もっともっとたくさんの方の成長や成功を支援し、そういった方々の人生を成功に導きお手伝いをしたいと考えている

「自らの力で成功したい」「自らの努力で人生を良い方向に導きたい」「同じ様な正のエネルギーを持って前進する人の仲間になり自らも成長・成功したい」「成功を定義し、成功に向けて正しい考え方を身に付けたい」こういった前向きなエネルギーを持つ方からの問い合わせには真摯に対応をさせていただく。

我々の理念や構想に共感いただけるそなたからの連絡を待っとるで。

令和裕成塾塾長兼CEO 金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

 

 

 

 

 

 

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか