コラム

新型コロナウィルスと景気低迷が大学生の就職活動に与える影響

新型コロナウィルスと景気低迷が大学生の就職活動に与える影響

新型コロナウィルスは、2月中旬から徐々にその影響が国内で懸念され始め、下旬には急激に風向きが変わり、各地でイベント中止が相次いだ。
そして2月末頃からは時差出勤、リモートワーク、卒業式中止、休校など、国内全体がとんでもないムードとなり本日を迎えている。

2月24〜28日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価の値下がりは3580ドル、値下がり率は12%を超え、18.1%を記録したリーマンショック以来の下落率である。東京株式市場の日経平均株価も週間で2243円78銭(9.6%)の値下がりで、こちらもリーマンショックに次ぐ下げ幅となった。

一説には、東日本大震災より日本の経済的な影響は大きくなる可能性があるという声も聞かれ、消費増税の影響が残る中の新型コロナの流行は、日本の経済にとって「最悪のタイミング」ともささやかれる。

独自の切り口で、今回の新型コロナウィルスが景気に与える影響について三つのポイントで述べてみたいと思う。

ポイント①自粛ムードが与える影響

今回の新型コロナの自粛の動きは、2011年の東日本大震災直後のムードと似ている様に私は感じている。当時は原発の事故や首都圏の計画停電等が発生し、外出の自粛やイベントの中止が相次いだ。

今回は、政府がスポーツ・文化イベントなどの開催自粛を要請し、コンサートやイベントの主催者が続々と中止を表明。イベントなどが中止になり、感染を遅れて外出を控える人が増えれば、その分、お金を使う人も減っていくし、イベントで発生するだった売上がキャンセルになる事で金回りは悪くなっていく。

東京ディズニーランドや大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンも休園を決定。これだけ経済活動が一気にストップするのを見るのは、かなり久々という印象を持つ。

2011年の東日本大震災では、国内の家計消費は震災後半年で約2兆円ほど押し下げられたと言われ、今回も当時並みの自粛となった場合は、同様の規模の家計消費が減少する可能性があると私は考えている。

ポイント②インバウンドに与える影響

海外からの観光客によるインバウンド関連の経済も大きな影響を受ける見通しである。

自粛の影響を受ける可能性がある分野は、宿泊や運輸、小売、レジャー、外食、旅行、イベント関連等が想定される。

事実として、大阪辺りの企業で直接聞いている話では、ホテル関係の売上減少、それに伴うアメニティ関連納入業者の売上減少、飲食関係の売上減少、あるいは中国でアパレルを製造し、国内で販売している業者が仕入れストップした事による売上減少など、既に具体的な影響が出ているのだ。

一方、宅配や通販などの自宅で利用できるサービスや、 テレワーク・通信などの在宅勤務関連の分野は逆に特需があるかもしれない。

自身が具体的に知る特需としては、オゾン発生機の除染特需が上げられる。まさにウイルス対策という事で圧倒的に売上増加傾向にあると聞かれるが、その後の反動による落ち込みを危惧する声も聞かれる。

ポイント③消費税増税の影響とのダブル打撃

新型2019年10月に実行された消費増税により節約志向が高まった事から買い控えも広がっていった面がある。

2019年10―12月期のGDP(国内総生産)は、5四半期ぶりにマイナス成長。年率換算ではマイナス6.3%。2014年の消費増税時の7.4%に次ぐ下げ幅である。

ここ十数年の日本経済の3大ショックとして、リーマンショック(2008年)、東日本大震災(2011年)、消費増税(2014年)が挙げられるが、回復までに要した時間がもっとも長いのは「消費増税」だったのだが、今回は消費税増税という局面に新型コロナウィルスが直撃したわけだから、過去起きた3大ショックが一気に来たといっても過言ではないのではなかろうか。

新型コロナウィルスと景気低迷が大学生の就職活動に与える影響

上記内容を踏まえると、どうやら足元の景気はどう考えても良い方向には無いようだ。
大手企業の採用計画というのは、もろに景気の影響を受ける。

景気に応じて採用を枠を上下するというのは実は企業運営上正しく無いと私は考える。

それに振り回されて採用計画を立て採用をし続けた結果、人員構成がいびつな形になってしまったという事実が企業側にある。

さて、こちらのグラフをご覧いただこう。ここ数年有効求人倍率は右肩上がりである。有効求人倍率が1.6倍ということは、有効求人就職したい人が1人に対して、1.6社の求人があるという事である。

ここ20年程で大きく落ち込んでいる2000年前後。ここは、ITバブル崩壊のタイミングである。その後米国同時多発テロなどの影響で、日経平均株価は1万円を割り込んでいた時期が2002年頃である。

それ以降、外需主導型で景気は回復を続けた後に待ち受けていたのがサブプライムローン問題に端を発したリーマンショック、そして東日本大震災。2009年、2010年、2011年、この辺りは底であった。

東日本大震災以降、アベノミクスもあり景気は上り調子。ここ数年の学生の就活事情は売り手市場であったと言える。

歴史的に見れば、まだ有効求人倍率は高い水準にあるとは言え、今まで通りにはいかない。新型コロナウィルスに起因する先行き不安から企業側のスタンスは間違いなく変更が迫られるであろう。

ここ数年は、年々有効求人倍率が上がっていく状況。この一件で潮目が変わったと言えるのでは無いだろうか。

厳しさを増す就職活動環境下であなたがすべき事

以上で述べたとおり、今後就職活動は、今までの様に簡単にはいかない。かといって、ではどうすればいいんですか?という質問があろうかと思う。

私は、以下の取り組みを徹底する事で、小手先の就活テクニックなんかに頼らずとも、いついかなる状況下でも十分に就職活動において勝ち抜けるあなたになる事ができると考える。

①正しい考え方を学ぶ事
・考え方は非常に重要である。大学の授業を受ける事で知識を得られるかもしれないが、就職活動のみならず、今後社会人として生き抜いていく上で、より本質的な、実学と言える学びを、大学一年生の頃からしっかりと学ぶ事、これは就職活動を成功に導くだけでなく、あなたの人生を成功に導く事に役立つだろう。

②尊敬すべきメンターの並走によりPDCAが回る環境に身を置く事
・特にあなたが若ければ若いほど、自分が手本として目指すべきメンターの存在はすごく重要で、その存在の有無によって成長速度には大きな差が出るだろう。何事も型は重要である。また、そのあなたが尊敬すべきメンターが大学四年感に渡りあなたの成長に向け並走し、常にあなたの目標達成に寄り添い、客観的な助言が提供される環境。それによりPDCAが回る環境に身を置く事。これはあなたの成長速度を早める上で非常に重要である。

③向上心の高い、正しい考え方を持つ人達と濃密な時間を過ごす事
・これも環境に関連する話だが、付き合う人間はあなたの人格形成や、目標達成において極めて大きな影響を与える。付き合う人間に影響を受ける以上、正しい考え方を持ち、高い向上心を持つ人々と、密度の濃い時間を過ごす事は、あなたの人格を高め、人生を豊かにする事に繋がるだろう。

そんなあなたの為の金融参謀塾カレッジ

どんなところにそんな環境があるのですか?という問いに対しては、それは金融参謀塾カレッジにあるとお伝えしたい。

大学生部門を統括するJAG。(ブログはこちらから
老害であるわしから見るとまだまだ未熟さは感じるが、二十歳そこそこなのでそりゃあそんなものである。というか、この若さにしては恐ろしく老成していると言える。
JAGのプロファイルはこちらから

この男が令和裕成塾大学生部門統括JAGである。

そして現在カレッジ内成長株のJeff Seid。(Jeff Seidの記事はこちら
とてつもない熱量を持ち、崇高な理念を持ち活動している。わしはこの真っ直ぐなエネルギーを挫く事無く、良い方向でこの若者を育てて行きたいと考えている。

他にも、多くの優秀で意識が高くモチベーションの高い学生がカレッジで日々切磋琢磨している。

令和裕成塾大学生部門は人数制限を儲ける事によって、少数の限られたメンバーで濃密な情報交換を実施し、そこでは就職活動の情報交換のみならず、より広いビジネスという括りで、非常に意識の高い情報交換が行われている。

わしは、それが正しい方向に進んでいるのかという事を常に監督し、見守っている。上記でも述べたが、成功に向けては正しい考え方が最重要だと思うし、当塾の塾生には、カレッジ塾生のみならず、全員に対して、正しい考え方についてしつこい程に指導をしている。

令和裕成塾大学生部門で大学四年間を過ごす事で、人生を圧倒的に豊かにする土台作りに貢献したいというのが、私の思い出あり、学長の思いである。

正しい考え方をできる人間かどうかは、少し話をすればわかる。我こそは、金融参謀塾カレッジに相応しいという学生は、わしのプロフィールからツイッターDMで連絡をくれたら相談には乗らせていただく。

新型コロナウィルスの影響に負けず、自分の人生を切り開いてほしい。

ほな。

金融参謀

令和裕成塾公式LINEはこちらから

塾長のプロフィール→
プロフィールいこうか